作業療法士になるには

作業療法士という仕事があるのをご存知ですか。作業療法士って、いったいどんな仕事なのでしょうか。

これは、医師の指導がなければなりませんが、心身のリハビリテーションを行う人のことをいいます。「作業療法セラピスト」とも言い換えることができます。

活躍できる職場としては、総合病院などでのリハビリテーションセンターやリハビリテーション専門施設など、医療機関が主になりますが、ほかに、心身障害児・心身障害者施設、精神障害者施設、精神科病院、小児科病院、養護学校、幼稚園や保育園などとなっています。

リハビリテーション以外にも、心身障害の方への手助けという仕事もあります。心身の発達・障がい・事故による心的後遺症を持つ人に、その人その人の嗜好や趣味を通して、社会的適応能力・応用動作能力の開発や回復を推進していきます。

同じリハビリテーションでも、理学療法士は物理的な方法で行いますが、作業療法士は、心理学的な手法も必要とされています。

LC-22K5-B